スポーツ選手

ノア・ライルズさんの100メートルの記録と母親との関係、アニメが大好きな22才!

ノア・ライルズさんはポストウサイン・ボルトと言われる1人です。
200メートルで世界歴代4位の自己ベストを持ちます。

 

日本のアニメのドラゴンボールが大好きで、性格も陽気で母親思いのステキな選手。

 

そんなノア・ライルズさんを調べてみました。いってみましょう!

ノア・ライルズのwikiプロフィールと100メートルの記録!

ノア・ライルズ Noah Lyles

生年月日  1997年7月18日(2020年現在22才)
出身    アメリカ
身長    180センチ
体重    70キロ
種目    100メートル、200メートル走
記録    200メートル 19秒50(世界歴代4位)

 


(Noah Lyles Instagram)

 

ノア・ライルズさんは身長180センチ、体重70キロのアメリカの陸上競技の選手です。ノア・ライルズさんは100メートルと200メートルそしてリレーの種目に出場しています。

 



 

ノア・ライルズさんの陸上人生は12才の頃からスタートしていますので、弱冠22才にしてランナーとしてのキャリア10年です。

 

主な記録

2014年  アンダー20ユース五輪 200メートル金メダル
2016年  アンダー20世界選手権 100金メダル
2018年  全米選手権 100優勝

 


(Noah Lyles Instagram)

 

金メダルのオンパレードですね!

ノア・ライルズさんは100メートルの記録が9秒86、200メートルが19秒50で世界歴代4位の記録を打ち立てました!

 

ノア・ライルズさんの直近の記録は2019年のドーハ世界選手権で、200メートルと100×4リレーで共に金メダルを獲得しています!

 

ノア・ライルズはアニオタ?

ノア・ライルズさんはアニメが大好きなことで有名です。
とくにドラゴンボールが好きな様で、髪の毛もドラゴンボールの悟空仕様にしたことも。


(Noah Lyles Instagram)

 



 

ノア・ライルズさんのSNSには日本人のフォロアーが多いそうです。ノア・ライルズさんはそれを見て『僕がアニメ大好きだから日本人のフォロアーが多いんだ』と言っていす。

 

 

ノア・ライルズさんは2019年7月USAF選手権に出場した時、ドラゴンボールの悟空の経最終形態、スーパーサイヤ人ブルーの髪型をまねています。

 


(ドラゴンボール公式サイトより)

 

20年ほど前には私もドラゴンボールを見ていたのですが、ベジータが出てきた辺りからアヤシくなっています。

 

 

USAF選手権の際のヘアスタイルはこの写真。
オシャレですね

 


(Noah Lyles Instagram)

 



 

記者がこのヘアスタイルをノア・ライルズさんにインタービューしたところ、以下のように答えました。

. “In Dragon Ball Z, Goku’s final stage, or form, is Ultra Instinct, and his hair turns silver/gray. I’m ready to go. I’m ready to make the team. I’m in my highest state.”

ドラゴンボールではスーパーサイヤ人ブルーが最終形態なんだ。そして髪の色がシルバーグレー。僕は準備万端なんだ。チームを作るためのね。僕は今最終形態あるんだ。

 

ノア・ライルズさんは自分の今の気持ちのあらわれをドラゴンボールの悟空の姿に重ね合わせたという感じですね。

ある意味、コスプレでしょうか?
しかしこの悟空のヘアスタイル、ノア・ライルズさんにとても似合っていますね!

 

アニオタでもこれだけの記録と実績があればかっこいい!!という形容詞しかでてきませんね!

 

 

ノア・ライルズさんとお母さんの関係

ノア・ライルズさんが13才の時に両親が離婚しています。
ノア・ライルズさんには兄弟が二人います。ジョセフとアビーさんです。

 

ノア・ライルズさんとジョセフさんは母親について、アビーさんは父親についたそうです。

 

ノア・ライルズさんと二人の子供を連れた母親は、小さいアパートの部屋で三人で床に寝たり、親戚の地下室に済むなどして生活していたと言います。小さいころ苦労されたんですね。


(Noah Lyles Instagram)

 



 

その後、ノア・ライルズさんの母親が常に自分が決めたゴールに向けて、少しづつ少しづつ前に進み、生活を立て直す姿を見てノア・ライルズさん自身もお母さんの生き方から目標を達成する事の大切さを学んだと言います。

 

ノア・ライルズさんは1番尊敬できる人物は自分の母親だと言います。
母親が子供達に見せる背中というのは’本当に大きい物だと言うのがわかりますね。

 

ノア・ライルズさんの母親はいつも前を向き、努力を怠らず、決めた事をやり遂げる人だったようです。

 

今でもノア・ライルズさんは母親ととても仲が良いステキな家族です。離婚した家族がすべて不幸になるわけではないというのを知ることが出来ます。

 

以下がノア・ライルズさんがお母さんに向けて書いた手紙です。

 

Dear Mom,
It feels really personal to talk about this, but you know when people ask “who inspires you?” and they tend to refer to an athlete or a coach – the truth is – the person I always instantly think about is you.
Yes, you’re my mom, but you can’t imagine the impact you have on my life to this day. And I know you’ve not always had it easy. We both know you’ve been through quite a bit.

Remember, when I was thirteen, you and dad got a divorce and Josephus and I moved out with you and Abby stayed with him? Remember, when we lived in a single apartment, when there was just the three of us? We slept on the floor. We had the power go out at times. For a while, we stayed in uncle Rahsaan’s basement.

And I remember the day we eventually ended up moving to Virginia. Abby came to live with us again after two years and we all started going to school there. And finally, we were able to get our own apartment again.

You’ve always worked so hard for us. The first job I remember you doing was selling make-up. And I remember you were really good at it. You’d put your mind to something, and you’d crush it.

That’s something I learnt from you from a very young age: set yourself goals, and go after them!

I remember there was this prize you’d get, if you sell enough products to enough people in a certain amount of time, you’d get a new car. And of course, you got the car in like three months or something like that! Because you’d decided you deserved that car. And you did.

But selling things wasn’t the right job for you. Helping people is in your genes. You took on a new job, working as a councillor with underprivileged schools in the area, helped kids with learning difficulties and development problems.

And of course you put all of the time you had away from work into us – your kids.

If anybody asks me, you’re “the momager”. You’ve been our momager since my freshman year of high school. I remember, from the moment Josephus and I came to you with the dream that we wanted to make the 2016 Olympic Team, you told yourself “ok I don’t know how this is gonna happen, but if this is their dream, I gotta do some research.”
And you did your research, and you figured out what the next steps would have to be. I started making US teams. The next year Josephus made one, and we made a US team every year of our high school careers.

It was such a stepping stone, a foundation of what we would expect when we would finally get to the Olympic Trials. We won’t be petrified of what we see there, we’ll know what everything is, what the call-room is, how the team is organised, the mixed zones, all these different things when they walk you out, you put your bags in the baskets, just things you wouldn’t know if you’d have just stayed at a high school level. And it was because you did your research.
Of course there were ups and downs.

I’ll never forget this one time, where we went to Walmart. Josephus and I wanted to get a pair of shoes from Walmart – and you know Walmart shoes might be like $11 –you had to explain to us that we couldn’t afford it at the time. And I know that must have been heartbreaking for you.

But watching you evolve from that point to everything you have achieved since, really gives me the strength to know there is nobody tougher than my mom and I want be like you one day.
The way that you raised us, it blows my mind how I’m so lucky to have a mom like you.

(https://spikes.worldathletics.org/post/noah-lyles-letter-to-his-mom?utm_source=iaaf.org&utm_medium=gridclick)

 



 

最後の1行がノア・ライルズさんのお母さんにとって、最も嬉しい言葉なのではないでしょうか?

I’m so lucky to have a mom like you. あなたの様な母親の元に生まれて本当にぼくは本当に幸運だ。

私も子供達にそう言われるような母親になりたいと思います・・・。

 

今もお母さんに対してとても愛を持って接しているノア・ライルズさん。

 

(Noah Lyles Instagram)

いつまでも仲よし親子でいてくださいね!延期されてしまった東京オリンピックにもノア・ライルズさんのお母様もきっとこられることでしょう。