MENU
映画俳優・女優

クリスティン・デイヴィスの身長やインスタ、若い頃から現在まで結婚はしてる?

爆発的大ヒットドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のシャーロット役で知られている、クリスティン・デイヴィス。

 

ドラマの続編である「And Just Like That」にも出演しており、現在撮影が進んでいます。

シャーロットの役柄は、結婚願望の強いお嬢様気質でしたが、クリスティン・デイヴィスも同じような性格の女優なのでしょうか?

 

クリスティン・デイビス Kristin Davis

生年月日 1965年2月24日(2021年現在56歳)
出身   アメリカ コロラド州
身長   168センチ
職業     女優


(Kristin Davis Instagram)

 

クリスティン・デイヴィスを知りたい!シャーロットのプロフィールは?

クリスティン・デイヴィスは、1965年2月23日生まれ、身長168㎝、米国コロラド州出身です。

 

2021年現在、年齢はなんと56歳!アラフィフには見えないほど美しいですね!

女優のキャリアスタートは、1995年のドラマ「メルローズ・プレイス」。その後、1998年にSATCこと「セックス・アンド・ザ・シティ」のシャーロット役でブレイクしました。

 

SATCはセックスコラムライターである主人公キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)、エリート弁護士のミランダ(シンシア・ニクソン)、キム・キャトラル演じるPR会社の社長であるサマンサ、そしてクリスティン演じるアートギャラリーのディーラーのシャーロット、この自立した女性4名の赤裸々な独身生活を、NYを舞台に描いたドラマです。

 

 

エミー賞や、ゴールデングローブ賞などを幾度と受賞し、爆発的大ヒット作です。

 

いっとき社会現象にもなったくらいの大人気シリーズです。今観てもとても新鮮でいつまでも色褪せない作品なのです。シャーロットの初期は本当に初々してく可愛らしいクリスティンさん。

 

クリスティンはSATC以外でも「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」など、いくつかの作品で活躍をしています。

 

ですが、シャーロット役を演じている期間が一番長く、SATCのシャーロット役と共に、クリスティンの女優としてのキャリアがある、といっても過言ではありません。

 

 



クリスティン・デイヴィスさんのインスタグラムを見てみよう!

クリスティンは、インスタグラムのアカウントを開設しています。コチラです!

 


iamkristindavis

https://www.instagram.com/iamkristindavis/?hl=ja

 

クリスティン・デイヴィスさんのインスタグラムのフォロワーは108万人!投稿数も1238件とかなり積極的にインスタグラムをつかっていますね。

 

キャストの不仲説が取りざたされるSATCですが、ミランダ役のシンシア・ニクソンとは仲良しの様で、よくツーショットのプライベート写真を投稿しています。

 


(Kristin Davis Instagram)

ミランダだ!!!

 

シンシアがNY知事選に立候補した時も応援をしていたり、頻繁に会っていたりする様なので、ドラマ通りにベストフレンド!な関係ですね。

 

サラ・ジェシカ・パーカーは、クリスティンの投稿に良く「いいね!」を押しているので、仲は良さそう。ですが、残念ながらキム・キャトラルとの絡みは、見つかりませんでした…。

 

 


(Kristin Davis Instagram)

公開が待ち遠しい・・・この三人の姿がまたスクリーンで見られるなんて!

 

 



 


(Kristin Davis Instagram)

動物好きで知られるクリスティン・デイヴィスさん。わんこをかわいがっている様子もインスタグラムで見ることができます♡

 


(Kristin Davis Instagram)

クリスティン・デイヴィスさんの現在の美しいすがたも見ることができます♡

 

クリスティン・デイヴィスは結婚している?子どもは?

結婚願望の強いシャーロットとは違い、クリスティンは全く結婚願望がない様で、今までに結婚をしたこともなく、夫もおりません。

 

 

意外!クリスティン・デイヴィスさんというかシャーロットのイメージが定着してるので結婚とか子どもとかすごく欲しがるイメージでした。

 

 

クリスティンは赤ん坊の頃に、両親は離婚。その後、コロラド大学の教授に養子として引き取られ、たくさんの愛情を受けて育ったそうです。結婚願望がないのは、彼女自身の生い立ちから?

 

ですが、クリスティンに結婚願望がないからこそ、シャーロットの結婚に対する憧れを、客観的かつコミカルに演じられたのかもしれません!

 

 

クリスティンは、女優業の他に、多くの慈善活動に力を注いでいます。2004年には世界の貧困問題に取り組む団体「オックスファム」の親善大使を務め、2017年には「UNHCR」の親善大使に任命されました。

(Kristin Davis Instagram)

 

インスタグラムでも、難民キャンプに行った様子などを、定期的に投稿しており、クリスティンが真摯に、慈善活動を取り組んでいることが伝わってきます。

 




(Kristin Davis Instagram)

そして、結婚願望はなかったクリスティンですが、母親願望はあったようで、2011年にジュマちゃんを、2018年にウィルソン君を養子に迎えています。ふたりとも、アフリカ系アメリカ人のこどもです。

 


(Kristin Davis Instagram)

 

養子を迎えることに、クリスティンも不安要素はあったそう。

 

ですが、「絶対に世界のどこかに私の子供が待っている」と思っていたとのこと。自分自身と向き合い、どんな子供であれ受け入れることを決意し、多人種の子供を受け入れられる認定を得て、養子縁組が実現しました。

 

慈善活動もそうですが、クリスティンは本当に、愛情深い女性ですね。

 



クリスティン・デイヴィスの現在は、若い頃と変わらぬ美しさ!秘訣は動物愛!?

クリスティン・デイヴィスが愛情を注ぐのは、困った人たちや、彼女の子供たちだけではありません。

 

インスタグラムを覗くと、若い頃と変わらぬ笑顔のクリスティンと共に、多くの動物たちとの写真が投稿されています。

 

特に象との写真が多いことに驚きます!


(Kristin Davis Instagram)

 

子供のころから象が好きだったクリスティンですが、2009年ケニアで野生の象を保護してから、野生動物の保護にも力を注いでいます。

 

象の保護を求めるドキュメンタリーや、自身主演のNetflix映画「ホリデイ・イン・ザ・ワイルド」まで製作してしまうほどの愛情です!

 


(Kristin Davis Instagram)

 

如何でしたか?
SATCのキャストで、クリスティン・デイヴィスが一番、役柄と違った印象を受けました。これほど自立し、愛情深く、使命をもって困った人たちや動物たちに、救いを差し伸べる女優だったとは知りませんでしたね!クリスティンの今後の活躍に、ますます注目です!