スポーツ選手

傅 園慧(ふえんけい)生理について言及 女性アスリートのタブーをやぶる

傅 園慧 (ふ えんけい)選手のくるくる変わる表情がめちゃくちゃ可愛い!!

傅 園慧 (ふ えんけい)選手は競泳の選手です。くるくると変わる表情がかわいく天然だと言われるのも頷けます。

 

女子スポーツ選手のタブーといえる生理の話しを思いっきりしたり、かわいい子とこの上ない傅 園慧 (ふ えんけい)選手。

 

プロフィールを見ていきましょう!

傅 園慧 (ふ えんけい)選手と生理の関係性って??

傅 園慧 (ふ えんけい)選手は中国の競泳選手です。1996年生まれの20代の選手です。身長は177センチです。


(wikiより)

 

リオオリンピックの100メートル背泳ぎでは銅メダルを獲得しています。5才から水泳を始めたそうです。可愛らしい性格がうけてとても人気のある選手です。

 

これまでの主な成績は・・・

●2015年 世界選手権
50メートル背泳ぎ、400メートルメドレーリレー金メダル

●2016年 リオオリンピック
100メートル背泳ぎ銅メダル

●2017年 世界選手権
50メートル背泳ぎ銀メダル

 

だんだん強くなってきている?感じですね!

 

傅 園慧 (ふ えんけい)選手と生理のはなし

これまで女性選手の生理については水泳界ではタブーだったのですが、中国競泳大会の時に傅 園慧 (ふ えんけい)選手は自身が生理である事をインタビューアーに話したというのです。

 

「昨日、生理が始まったので。だからすごく疲れていて……
でもそれは理由にならない。今日の自分の泳ぎは良くなかった」

 

しんどかったのですね。傅 園慧 (ふ えんけい)選手は。生理の時は本当に自分の力でどうこうできる事ではありません。

 



 

もちろん、スポーツマンとしても絶好調というはあり得ないです。生理があまり重くないひとでも、やはり普通の状態ではありません。同じ女性としてそれはとってもよく分かります。

 

傅 園慧 (ふ えんけい)選手は生理痛をおして泳いだんですね。いつもざっくばらんに話して、表情豊かな傅 園慧 (ふ えんけい)選手。天然と言われるゆえんですね。

 

これまでの女子選手のタブーもあっさり破っちゃったワケですね。これもまた可愛いです。


(Instagramより)

もちろん、この傅 園慧 (ふ えんけい)選手の生理発言で、指示する言葉もありましたが、批判もあったそうです。

 

中国ではタンポンがあまり普及していないので、傅 園慧 (ふ えんけい)選手を嘘つき呼ばわりするひともいたそうです。「どうやって生理中に泳げるんだ!」と。まぁ。しらなかったらそうなりますよね。

 

水泳に限らず、コーチが男性のケースが多い女子選手。なので女子選手も生理の話しは言い出しにくいといいます。こればっかりは体の機能の問題なので男性にはどうしても分からないことですよね。

 

傅 園慧 (ふ えんけい)選手のこの発言は、すべての女子選手の心と体のケアについて競技と生理の関係を認識を広める動きにつながるといいですね。

 

傅 園慧 (ふ えんけい)選手、東京オリンピックには万全の心と体のコンディションで来てくださいね!