映画俳優・女優

ケイト・ブランシェットのキャロルなどの映画|インスタの画像や身長をチェックしました

ケイト・ブランシェットさん『オーシャンズ8』を見て惚れました。めっちゃかっこいい!なんで今までノーマークだったの私?と思う位かっこいい!!!

 

背も高くテシュッとしてて宝塚とかに居そう。居ないけど・・

 

最近気になるケイト・ブランシェットさんの映画『キャロル』や『エリザベス』『ベンジャミン・バトン』そして『オーシャンズ8』などの情報。

ケイトさんのインスタの麗しい姿や身長や体重、美しさの秘密などを調べてみました!

 

ケイト・ブランシェット

生年月日  1969年5月14日(2020年現在51歳)
出身    オーストラリア
身長    174センチ
職業    女優 舞台監督
配偶者   アンドリュー・アプトン


(Cate Blanchett Instagram)

 

ケイト・ブランシェットのインスタの画像

ケイト・ブランシェットさんはインスタグラムのアカウントを持っています。

@cate_blanchettofficial 


(Cate Blanchett Instagram)

 

投稿には美しいケイトさんの姿が満載!家族の写真などはほとんど無く、本人の情報発信のためのアカウントに使ってるのかな?とおもいました。

 

あまり家族の写真を公に出す方ではないケイトさんなので、そこがあるでしょう。

(Cate Blanchett Instagram)

この格好が似合うってすごい。私がやったらただのおばさん。



 

 

(Cate Blanchett Instagram)

こんなキュートな投稿も発見!


(Cate Blanchett Instagram)

黒髪ってあまりみないですね。珍しいけど何しても似合う!

 

ニコール・キッドマンさんとの写真も!オーストラリアが誇る大女優2人です!

 

 


(Cate Blanchett Instagram)

 

ケイトさんの美しい姿が存分に見る事が出来るインスタグラムアカウントです!ファンは開いてうっとりすべし!(私です・・・)

 



 

ケイト・ブランシェットの映画12選!

ケイト・ブランシェットさんの映画11選です。個人的には『キャロル』と『オーシャンズ8』が大好きです。

ルー最高!!

 

『エリザベス』1998年
エリザベス一世役

アカデミー主演女優賞ノミネート作品

ケイト・ブランシェットさんの若き日の映画。きれいなクイーンズイングリッシュを気高いオーラで話すケイトさんの演技がすがすがしいです。

 

私はクリスチャンではないので、なかなかプロテスタントとカトリックの違いを肌で感じることができないのですが、宗教的にも混乱したこの時代。

 

はげしい時代を生き抜き『国家と結婚』したエリザベス1世の姿が描かれています

もちろん映画ですので史実に100パーセント忠実とは行きませんが、タドリーとの恋愛がストーリー展開のなかに多くありますので、楽しめる映画です。

人間くさいところがあるエリザベス1世を上手く演じたケイト・ブランシェットさん。アカデミー主演女優賞にノミネートされるのも頷く演技力の高さ。

 

衣装のせいか・・・・なんかちょっと顔が怖い。髪型も編だし。時代が違うから仕方が無いとはいえケイトさんの美しさは堪能できません・・・。

 

『リプリー』1999年
メレディス役

きれい!本当にこのときのケイトさんめっちゃきれい。確かに今より若いのですが実はそんなに変わっていないという不思議・・・。

 

この映画はアラン・ドロンさん主演の『太陽がいっぱい』のリメイク版。マッド・ディモンさんとジュード・ロウさんヴィネス・パルトロウさんという豪華キャスト!

 

 

内容もサスペンスで始終画面釘付けです!

 

 

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ
ガラドリエル役

エルフのガラドリエル役で出演しています。エルフといってもただのエルフでは無く高貴なエルフです。エルフのエリートってイメージですかね?

 

劇中ではエルフ国のロリアンを統治しており、フロドの背中を押す役目を果たしました。

 

神々しい雰囲気を存分に発揮しているケイトさん。この人に背中押されたらそりゃフロドも指輪もって危険なところ行きますわ。と思いました。

 

エルフの尖った耳をつけたケイトさんの姿は本当に美しく、人間離れしていましたね!

 

本もののエルフ!と評判が高かったケイトさん。エルフという存在が現実にあったとしたら・・・・ケイト・ブランシェットさんのこの姿がそうなのでしょう。

 



 

 

とにかく美しくて、『ロード・オブ・ザ・リング』をきっかけにケイト・ブランシェットさんを知った人も多かった様です。

それだけケイトさんにはハマり役だったのですね!
本当にきれい!

オーランド・ブルームさんにハマった映画でもあります。
二人とも本当に美しすぎて・・くらくらでした。

『ロード・オブ・ザ・リング』2001年

『ロード・オブ・ザ・リング/2つの塔』 2002年

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』2003年

『ロード・オブ・ザ・リング』といえばこの人達も!!

 



 

『アビエイター』2004年
キャサリン・ヘップバーン役

アカデミー助演女優賞受賞

ケイト・ブランシェットさんはハリウッド女優のキャサリン・ヘップバーンを演じます。

主演は我らがレオさまことレオナルド・ディカプリオ。レオ様がハワード・ヒューズを演じました。

 

これは実在した人物のストーリーです。航空業界への異常?とも言えるあこがれをもつハワード。

 

そしてスキャンダルにまみれ、汚職を問われ、だんだん精神崩壊していくものの自分の夢へ突き進む姿にはある意味尊敬の念すら覚えます。

 

昔のハリウッド女優役だから仕方ないにしても、キャサリンヘップバーンさんのヘアスタイルがなんとも・・・です。

ケイト・ブランシェットさんんはストレートヘアが似合う!と個人的には思っています。

 

『エリザベス:ゴールデンエイジ』 2007年
エリザベス1世

アカデミー主演女優賞ノミネート

もうね・・・この映画。ケイト・ブランシェットさんの演じるエリザベス1世の姿に涙がこみ上げましたね。

 

得に最強といわれたスペイン艦隊を撃退するアルマダの開戦での姿。祖国を愛する王女の凜とした強さ・・。ぐっと来るものを感じました。

 

自身の恋心と祖国、愛する男性より国。人生をとして国にその身を捧げたエリザベス1世という人物を描き出しています。

 

もう馬に乗って武装したエリザベス一世の美しさにうっとりです。それ以外の服装の髪型がなんか不思議でにがてかも・・・。



 

『アイム・ノット・ゼア』 2007年
ジュード・クイン

アカデミー助演女優賞ノミネート

 

男装の麗人!!!ボブ・ディランの伝記を映画化した作品です。
ケイト・ブランシェット演じるジュード・クインは中性的な魅力を発していました。

 

もう本当にかっこいい!宝塚のファンはこんな気持ちなのかしら???きっとそう。

 

ケイト・ブランシェットさんは身長もあるので、男性役をしても映えますねぇ。本当に目がハート型になりました。

ジュリアン・ムーアさんも出演しています!

 

『ブルー・ジャスミン』 2013年
ジャスミン役

アカデミー主演女優賞受賞

セレブが転落人生を歩むストーリー。ケイト・ブランシェットさんの美しい姿がとても印象的。

 

本当にこの人はどんな役でもこなせるんだなぁと実感。美しいセレブ役からどん底に落ちていく時の表情とか。

 

人って生活のバックグラウンドが顔に出ると思っているのですが、それも上手に表現しています。

 

切羽詰まった元セレブはどんな人生を歩むのか?!のストーリー。
まぁもとめすぎると人生は転落するという教訓を感じました。

自分の持ってるものに感謝することって大切ですね。

 



 

『キャロル』2015年
キャロル・エアード役

アカデミー主演女優賞ノミネート

 

妖艶な美しい人妻キャロルを演じたケイト・ブランシェットさん。めちゃくちゃきれい!!!

女性同士が惹かれあい周りを巻き込んで行くストーリー。キャロルも自分のしていることを理解しつつも・・・

 

『心に従って生きなければ人生は無意味よ』

と言う台詞がありました。テレーズはキャロルとの関係にドンドン引き込ます。

愛に従うと言うことは立場的には破滅を意味する事も・・。しかしキャロルは夫ハージとの関係にも揺れます。

 

夫はどうでもよかったとしても子どもが居ますからね。愛に生きるという情熱なんてすっかり忘れてしまった私には刺激的な映画でした。

 

 

『マイティー・ソー・バトルロイヤル』2017年
ヘラ役

悪役をやらせても美しいケイト・ブランシェットさん。特殊メイクをしても魅力的。

いやいや、ケイトさんになら支配されてもいいかもwなんて思っちゃいます。

 

マーベルシリーズでもその演技力と美しさが際立つケイトさん。でもいつものケイトさんとは違う感じですが、マーベル好きじゃなくてもケイトさんの悪役の姿は一見の価値ありです。

テッサ・トンプソンさんもこの映画で注目されましたね!



 

『オーシャンズ8』2018年
ルー・ミラー役

ルー。最高!!!この映画でケイトさんに惚れました。今回は得に中性的な役では無かったのですがファッションも話方も仕草も全部好き!!好きすぎてスクショとって携帯に保存しちゃいました。


(Cate Blanchett Instagram)

ルーかっこいい!!!ファッションもめっちゃ好き。

 

ケイトさんはサンドラ・ブロック演じる主犯格のデビーの右腕として活躍します。

でっかいバイクを乗りこなしたり、ドレスを着こなしたり、コックの格好をしたりするのですがそのどれもがクール!

クールビューティーとはこの事か?!という程。本当に憧れます。ケイトさん。

映画自体も最初から最後までしっかり見せ場もあり、ドキドキそわそわするシーンが盛りだくさん。

 

 

この作品でスリのプロのコンスタンス役でオークワフィナさんも出演しています。あ『クレイジーリッチ』の人だ!となりましたね。

 

 

ケイト・ブランシェットの身長や体型キープ法など

ケイト・ブランシェットさんは174センチあります。かなりの長身ですね。
どおりで何を着ても映えるわけです。

 

体重は59キロというのでかなり細身ですね。そりゃあのモデル並の体型ですからそれくらいだと思われます。


(Cate Blanchett Instagram)

ケイト・ブランシェットさんは仕事もこなしつつ三人の子どもも育てています。(3人の男の子の子持ちのお母さんの体型とは思えない!)

 

毎日がとても忙しいことはもう想像に堅くありません。そんなケイトさんは特別になにかエクササイスをしてるワケではないようです。

 

時間が無いんでしょう・・・分かります。



 

 

しかし毎日朝きちんと入れたコーヒーとレモンを入れた白湯を飲んでいるそうです。

 

普通セレブとなるとパーソナルトレーナーを雇ったりもするようですが、ケイトさんはそれもしていません。子ども達と遊んだりすることで運動になっている様子。

 

とはいえ、食生活にはとても気をつけてオーガニック食品をとったり、できるだけ小麦を食べないようにするなど気を付けています。

 

公の場に出る前にはリンパクレンズダイエットを1ヶ月行うそう。あまり効かないダイエット法ですね。

内容は至ってシンプルです。

・ 加工食品を避ける もちろんカフェインも!
・ フレッシュなフルーツや野菜を食べる
・ お米やパスタなどの炭水化物をさけて玄米や全粒粉をとる。
・ お肉はブロイラーや成長ホルモンなどを投与されていないモノを選ぶ

体の中からしっかりきれいになるのが目的ですね。確かにケイトさんめちゃ肌きれいですもんね。

 

ケイトさん同様透明感のある肌と美しい体型になるためには、体にとって良くないものの摂取はなるべく避けるべきですね。


(Cate Blanchett Instagram)

 

因みに期間はケイトさんの場合は1ヶ月。なかなか大変ですが、それくらいしないと効果が出ないそうです。ジャンクフードが大好きな私でもできるかな・・・。

 

ケイト・ブランシェットさんのまとめ

● 身長174センチ
● 体重59キロ
● 『ロード・オブ・ザ・リング』のガラドリエル役
● インスタのアカウントは@cate_blanchettofficial 
● 体型維持と美肌の秘密はリンパクレンズダイエット