スポーツ選手

田中碧(サッカー)の身長や髪型をチェック!チャントやトラップ、海外移籍について調べました

 

田中碧選手は、身長177㎝で、髪形はマッシュで少しブラウンカラーの選手です。

スパイクはミズノと契約し、得意のトラップなどがしやすいフィット感のあるモデルを着用しています。

 

フロンターレでのチャントは浜崎あゆみさんの「BLUE BIRD」ですが、海を渡り海外移籍した先で歌われるチャントにも興味がありますね。

 

以前から複数のスカウトがあったにも関わらず、ドイツ2部を選択しコツコツ成り上がっていく選択をしている所も田中選手らしいですね。

 

今回は、そんな田中選手について調べてみましたのでご覧になってください。

田中碧 たなかあお

生年月日  2000年9月10日(2021年現在20歳)
出身      神奈川県 川崎市
身長    180センチ
体重    74キロ
ポジション MF


(田中碧Instagram)

田中碧選手の髪型がかわいい

田中碧選手は、髪形がかわいいと話題になっています。


(田中碧 Instagram)

 

身長180㎝もありがっちりしていますが、雰囲気がとてもやさしそうなイメージです。
丸みのあるマッシュで少しブラウンカラーの髪形です。




サッカーをしている時は、対人に強くハードワークする選手なので、そのギャップに惹かれる女性ファンも沢山いるのでしょう。

 

フィジカル面の強化を本人が課題として挙げているようで、これからよりがっちりしていきますが、この髪形とやさしい雰囲気があるのでそこまで仰々しい感じにはならないでしょう。

エリート街道を歩いている気が強いタイプの性格ではなく、コツコツ成り上がっていくという感じがマッシュで少しブラウンの柔らかいイメージとあっていますね。

 

田中碧選手とアナウンサーの関係

もし田中碧・アナウンサーなんて見出しがあったら、田中碧選手がアナウンサーと付き合ってるの?なんて思われる方もおられるくらい人気ある選手です。

 

今回は、そうではなく田中碧と同姓同名のアナウンサーがおられることについてです。
田中碧アナウンサーは女性の方です。

 

しかしサッカー選手の田中碧(たなかあお)選手は碧を”あお”と読みますが、アナウンサーの田中碧(たなかあおい)さんは碧を”あおい”と読むそうです。

 

いずれにしても碧という字を名前に使う方は美男美女なのですね!

元新潟放送のアナウンサーで、童顔ルックスでかわいいと話題になっています。


(田中碧 ツイッター)

現在はテレビ神奈川におられるようですが、インスタのフォロワーが一万人もいる人気アナウンサーです。

 

お二人の共演は、1年以上前になりますが「LOVEかわさき」という番組でインタビューの時ですね。

 




内容は現在もユーチューブでアップされていますので興味のある方は見てみてください。

田中碧選手もインスタグラムのアカウントを持っています。あまりたくさんの投稿はありませんが今後に期待しましょう!


(田中碧 Instagram)

@tnk_0910 

 

 

田中碧選手のスパイクやチャントそしてトラップ

田中碧選手のスパイクについてです。

以前はプーマの日本人用のモデルを履いていましたが、2020年シリーズではミズノとの契約になっています。

 

ボランチ選手は、ミズノと契約している選手が多く、トラップなどボールコントロールしやすいフィット感のあるモデルが多いですね。

攻守共にスペースの限られた場面でのプレーが要求されるため、ぴたっと止まるトラップが必要になってきます。


(https://www.bnd.co.jp/category/co_morelia_victory_gold_pack)

こちらが田中碧選手の履いているスパイクだそうです。ゴールドが素敵ですね。

 

そのため、よりボールの感覚が足に伝わりやすいフィット感のある柔らかめのスパイクが好まれるのでしょう。




次は、応援時に歌われるチャントについてです。
田中選手の場合は、原曲が浜崎あゆみさんの「BLUE BIRD」です。

 


(Amazon より)
https://www.amazon.co.jp/s?k=浜崎あゆみ+bluebird&__mk_ja_JP=カタカナ&crid=3C6GM8IF3H6KC&sprefix=浜崎あゆみBlue+bird%2Caps%2C271&ref=nb_sb_ss_sc_1_14

選手個人の応援歌でもあるチャントは、試合が平坦な時やその選手に何かあった時に自然に始まるものです。

 

イングランドではチャントが盛んで、応援リーダーなどがおらず自然と発生し会場全体に広がりみんなで歌う感じです。

 

日本だと野球などプロのチアリーダーなどがきちんとやっていたり、サポーターにリーダーがいて拡張機で声掛けとしたりしていることが多いです。

サッカーもその感じが少しありますが、海外では違う感じでチャントは歌われているんですね。

 

 

田中碧選手の海外への移籍、海を渡る決断

ベストヤングプレイヤー賞をとるなど折り紙付きの実力をもつ、田中碧選手ですが海外への移籍はいつごろになるのだろうと思い見ていました。

 


(田中碧 Instagram)

 

特に、フロンターレは日本代表の守田選手も移籍しましたしアントラーズと並んで良い若手がいるチームです。

 

オリンピック後は、ドイツのデユッセルドルフで移籍後初の試合をすることになるでしょう。

 




 

シーズン途中で海を渡る決断をしたことになりますが、オリンピックもありますし結果的にはいいタイミングだったのかなと感じました。

 

小学生年代からフロンターレの下部組織で育ち、二十歳でJ1デビューを果たしずっといたチームを離れるのが悲しかったようで何度も泣いたとコメントしています。

 


(田中碧 Instagram)

中村選手や守田選手など同じポジションでプレーしていたチームメイトは、いずれもフロンターレの選手です。

 

プロになってからもそういったプレイヤーとしのぎを削り、レギュラーを獲得しているのでそのすごさがわかります。

 

まとめ
●田中碧選手の魅力は、柔らかく優しそうな雰囲気に合うマッシュでブラウンな髪形と絶妙なトラップからの視野の広いプレーです。
●これからオリンピックで注目をされ、世界のビッククラブも目を付ける選手になるでしょう。
●絶好のアピールの場になるので是非活躍していただきたいです。