MENU
セレブリティー

アナ・ウィンター身長や経歴そして自宅や子供達の存在|アイコンとなったヘアスタイルと靴について

アナ・ウインターさんといえば『プラダを着た悪魔』という映画のモデルになったと言われていますよね。

 

メリル・ストリープさんがメリンダ役として、鬼編集長を演じていました。

 

 

 

私もこの映画でアナ・ウィンターさんの存在をしりました。映画では怖いながらも人間味のある役柄でしたよね!

 

『プラダを着た悪魔』はもともと小説でしたが、作者のローレン・ワイズバーガーさんが実際、主人公のアンディ(アン・ハサウェイ)同様、アナ・ウィンターさんのアシスタントをしていました。

 

そのため『プラダを着た悪魔』のモデルはアナ・ウィンターさんだと言われています。が、原作者のローレンさんはそれを否定しています。遠からず・・・というところでしょうね。きっと。

 

血も涙も無い鬼のような編集長だといわれているアナ・ウィンターさん。そのファッショナブルなライフスタイルなどにも注目が集まっていますよね。

 

そんなアナ・ウィンターさんの身長や経歴、自宅や子供達の存在などをチェック!
もちろんファッションもチェック!靴や髪型などのこだわりをリサーチしてみました。

アナ・ウィンター Dame Anna Wintor

生年月日 1949年11月3日(2020年現在70才)
出身   イギリス
職業   ファッション誌の編集者
配偶者  デイビット・シャファー(1984年〜1999年)
子供   チャーリー・シャーファー、ビー・シャファー

 


(Anna Wintour Instagram)

 




アナ・ウィンターの身長と経歴

アナ・ウィンターさんの身長は170センチあります。結構高身長!


(Bee Carrozzini Instagram)

スタイルめちゃくちゃいい!!!

 

写真をみても体のバランスが良いと思ったら高身長だったんですね。周りに居るモデルさんが大きいからあまり感じませんでした・・・。


(Bee Carrozzin Instagram)

 

アナ・ウィンターさんは10代の時からファッションに興味をもちました。アナさんの父親が『イヴニング・スタンダード』の雑誌編集者だったそうです!なんと。もともとエディターという仕事への素質があったのですね。

 

ファッション×編集者というアナさんのキャリアは早い段階から形成されました。生まれも育ちもロンドンという刺激的な街だったのも大きいでしょう。

 

アナさんの雑誌の世界への始まりは15才の時。なんとも早い業界デビューだったんですね。

 

しかも驚いたことにアナ・ウィンターさんは高校を中退し、大学には進んでいません。

 

雑誌の編集者というと高学歴のイメージだったので意外です。アナさんはたたき上げだったんですね。

 

1975年にはロンドンからアメリカはニューヨークに渡り『ハーパース・バザー』のファッションエディターになるものの上司と上手くいかず解雇・・・。




理由はアナさんのセンスがヨーロッパっぽいから。そりゃ、イギリス人ですしね・・。これについてアナさんは後にこうコメントしています。

誰でも1度は解雇されるべきよ。これってとても大事な事だと思うわ。私には結局良い経験となったし。そこから立ち直るのよ。その後『ニューヨーク』誌に移って、とてもいい勉強をさせてもらいました。
https://www.mashingup.jp/2015/01/043763anan_wintour.html

まさに転んでもただじゃ起きない、ではないですが失敗から学ぶ。

 

失意で落ち込んでグダグダ言うのでは無く、学びをえてそれを活かしているのが素晴らしいです。私も見習わなくては・・・・。解雇はショックですがきっとそこから大きく前進しています。

 

そののち『NEW YORK』の編集者として腕を振るいます。そして1983年の『ヴォーグ』のクリエイティブ・ディレクターに昇格。そして『ウォーグ』をファッション雑誌として大成功させます。とトントン拍子にキャリアを築いていきます。

 

ここまでまるで『プラダを着た悪魔』のミランダの様。バリバリと仕事をこなす姿が目に浮かびますね。


(Anna Wintour Instagram)

1988年にはアメリカ版の『ヴォーグ』の編集長となりました。ここがミランダの『RUNWAY』のモデルとなった舞台ですね。

 

『RUMWAY』は実在しない雑誌ですが、劇中では最先端ファッション誌としてトップの座にあるというポジションでした。

 

実際にあるのは『ヴォーグ』。ファッションが凄すぎて最先端過ぎて、手に取る機会がほぼ無かったですが・・・。どうやらオシャレピープルは読む雑誌なのですね。

 

私など、ハイブランドのファッションショーを見てもなにがいいのかよく分からないくらいのファッション音痴ですので・・・。
ミランダのところで働いた日には下働きにもなれません。

 

ちなみに、アナ・ウィンターさんがアメリカ版『ヴォーグ』の編集長になったのは38才のとき!なんて凄い!若い!と思いますが、この業界に15才からいるアナさんにとっては決して早いわけは無かったでしょう。

 




38才にして業界のキャリア13年!凄い。

たたき上げの仕事に真摯に向かってきたアナ・ウィンターさんだから出来たのでしょう!女でありながらあそこまで仕事に没頭できるのは素直にすごいと思います。

 

 

アナ・ウィンターの自宅や子供は?
NYのオシャレな自宅

アナ・ウィンターさんは『プラダを着た悪魔』のミランダ同様、結婚して子供が居ます。

 

1984年にディヴィット・シャファーと結婚して2人の子供に恵まれています。チャールズとキャサリンと一男一女の子供が居ます。

キャサリンさんは別名ビー・シャファーと呼ばれています。

残念ながらアナさんとデイヴィットさんは1999年に離婚しています。現在はシェルビー・ブライアンさんと交際しています。

 

アナさんの子供のキャサリンさんことビー・シャワファーさんは2018年に結婚をしています。


(Bee Carrozzini Instagram)

お相手は元イタリア版の『ヴォーグ』編集長のフランカ・ソッツアーニ、、、では無くその息子のフランチェスコ・カロッツイーニさんです。フランカさんは残念ながら2016年にこの世を去っています。息子さんの結婚式をみることなかったんですね・・・。

 


(Bee Carrozzini Instagram)

 

当時ビーさんは30才、フランチェスコさんは35才と年の頃もちょうど良い美男美女カップル。結婚式は2回行われて、NYとイタリアでそれぞれ式を挙げたそうです。

 

ビーさんはファッション界にも良く顔をだしてるので、認知度が高いですが息子のチャーリー・シェイファーさんはあまり公の場に顔を出しません。男性ですしね。女性のファッションにはあまり興味が無いのでしょう。

 

アナさんの息子のチャーリー・シェイファーさんはコロンビア大学の医学部で学び、エリザベス・コードリーさんと結婚しました。

 

アナさんはデイヴィットさんと別れてからは シェルビー・ブライアンさんと2004年からお付き合いをしています。シェルビーさんはちなみに投資家です。

 



アナ・ウィンターさんは現在ニューヨークに自宅があります。グリニッジ・ビレッジというエリアです。

 

このアナさんの自宅のあるグリニッジ・ビレッジはニューヨークでも1.2を争うオシャレなエリア。

 

アナさんらしいチョイスですね!

 

このグリニッジ・ビレッジのサリバン通りにある4階建てのマンションが自宅だそうです。1899年に建てられたという建物はとてもオシャレ。NY,オシャレ、グリニッジ、アナとすべてそろっていますね。

 

前進頭のてっぺんから足の先までおしゃれなのがアナさん。さすが隙が無い!

アナ・ウィンターのファッションへのこだわりとは?

アナ・ウィンターさんといえば、特徴的なのがボブカット。


(Anna Wintour Instagram)

実はあのヘアスタイルは15才の頃からずっと続けているそうです!

もうアナさんのスタイルとして確立していて、ボブカット、サングラス、タイトスカートといえばアナ・ウィンターさん。

 

アナ・ウィンターさんのボブカットのステキなところは前髪!
前髪を真ん中で分けるタイプではなく、ちゃんと目の上ギリギリのところ辺りにそろえているので、アナさんの美しい目がとても映えます。

 

よくかけているサングラスも、ちょうどよい辺りに前髪とコーディネート出来てるのがアナさんらしいところ。

 

サングラスにはオシャレ以上の意味があるそうです。

「ショーでうんざりするほど退屈していたとしても、誰にも気付かれずに座っていられる。そういう意味では、鎧みたいなものね」と2009年、本人がドキュメンタリー番組『60 Minutes』で語っている。
http://news.line.me/issue/oa-businessinsider/2b0504334650

うゎ。辛辣ですがアナさんらしい。




こういった自分のスタイルを持っていると、老けてみられにくいそうです。
私のオシャレな70代のお友だちがいうには、自分のスタイルを確立するとみながそのイメージを持ってくれる。

スタイルを変えない限り、ずっと同じだ、変わらない、と感じてもらえるそう。

 

是非、アナさんのように計算されたオシャレなスタイルを持てたらステキだろうなぁと思いつつ・・・。まだ自分のスタイルが確立しておりません・・・。

 

アナ・ウィンターさんといえば、靴にもこだわりがあります。
そう!

 

あのマロノブラニクのベージュのスリングバック・シューズを良く身につけているそうです。


(Anna Wintour Instagram)

 

同じデザインで色味を少し変えて肌の日焼けに合わせて色を変えて履いているそう。

それは凄い!!!

 

お金はうなるほどあるアナさん。(年収200万ドル)
マロノの靴だって棚ごと買える勢いがありますが、それをせずに自分のスタイルを貫くなんて!

 

もしかしてアナ・ウィンターさんこそが究極のミニマリストかもしれません。

 

自分のスタイルを持ってそれを貫くということは、簡単そうで本当に難しいことです。
仕事でもファッションでも自分を外に示すポイントになるんだなぁとアナ・ウィンターさんをみていると感じます。

 

これからもますますのご活躍を!アナさん!

<div class=”simple-box1″><p>

アナ・ウィンターさんのまとめ

● 身長170センチ
● 年齢は2020年現在70才
● 出身はイギリスのロンドン
● 自宅はNYのグリニッジ・ビレッジエリア
● 子供は2人。
● トレードマークのボブは15才の頃から

</p></div>